どーも、れーやです。

 

昨日の夜は大学終わりに、
ビジネス仲間3人と大阪駅で集合し、
焼肉を食べに行ってきました。

 

完全個室のお店だったので
周りに気を遣う必要がないため、
会話がめちゃくちゃ弾みました。

 

 

肉を焼きながら話題になったのは、

コンテンツビジネスの今後についてでした。

 

一緒にご飯を食べていた仲間の2人は

不動産関係のコンテンツを販売しており、

両者ともに月400万円ほどの利益を出しています。

 

 

 

コンテンツビジネスの将来

 

 

仲間の1人が、

 

「昨日、コンサル生に

『コンテンツビジネスに将来ってありますか?』

って質問されたんだよねー」

 

そして、
彼は迷わず「あるよ」って答えたらしいです。

 

僕も同じ質問をされていたら

間違いなく同じ回答をしていましたね。

 

 

そんな会話がきっかけで盛り上がったのが、

良いコンテンツさえ作ってしまえば

一生の資産になるじゃね?って話です。

 

 

ネット上に溢れるコンテンツのほとんどが

文章

動画

写真

音声

で構成されていて、

 

これらのコンテンツはインターネットが壊滅しない限り

半永久的資産として残ります。

 

 

わかりやすい例であげるなら、

ブログ一生の資産になりえますよね。

 

記事は、

書けば書くほどコンテンツとして蓄積されていくし、

 

その蓄積されたコンテンツは

集客用のコンテンツとなり、

ブログを閉鎖でもしない限り常に人を呼び込み続けます。

 

その他にも、

過去に販売していたコンテンツも

無料プレゼントとして配布することによって

集客コンテンツとして再活用することができます。

 

 

要するに、

一度作ってしまったコンテンツは

再利用する方法を見つけてあげることによって、

これから先も自分の資産として仕事をしてくれます。

 

 

なので、

コンテンツビジネスが衰退していくのは

今のところ考えられないですね。

 

コンテンツの中にも

さまざまなジャンルがあって、

それぞれの需要って変わってくると思いますが、

 

適切なジャンルを選択してあげることによって、

まだまだ参入可能な業界だと思います。

 

 

今書いてるこの記事も、

立派な資産になります。

 

僕は、

このブログをアウトプットの場として活用していますが、

集客用コンテンツとしても活用できますよね。

 

 

このように、

記事を書くだけでも

自分の資産は毎日増え続けているので、

自分の資産を増やすため!っと思って書くことによって

継続するためのモチベーションも保ちやすいのではないでしょうか。

 

 

以上、ビジネス仲間との会話で感じたことのアウトプットでした。

 

ではでは!